生理の時って、とにかく眠い。ドライブなんかの楽しいスケジュールの予定を組んでいても、「生理とかぶるな」と思うと、眠気で悩んでいる時って運転も不安になるでしょう。

 

生理中の眠気はとにかく困ると感じている方、寝ても寝ても眠くなるから、どうしたら良いか分らなくなってませんか。

 

寝たくないと思っていても、コントロール出来ないほどの眠気に襲われてしまうし、さらに「だるい」「何もしたくない」なんて倦怠感や無気力感まで合わさって、ネガティブになってしまいがち。

 

でも、大丈夫。生理中の眠気にはちゃんと原因があるので、きちんと知ることで、今後の眠気対策が出来ます。しっかりと知って、実践してみてください!

生理中の眠気が原因で学校や仕事で困るときの対処法

 

生理中の眠気の原因と対処法について。学校や仕事で眠たくなりたくないときに眠くなってしまい、辛いし不安になりますよね。でも、原因と対処法が分ればきっと生理との付き合いも楽になるでしょう。

 

生理周期は、ホルモンバランスの変化によってやってくるもので、女性が妊娠出来る準備を子宮の中で行うためなのもの。妊娠しなかった準備の分が経血として体の外に排出される、これが生理です。

 

体は、体温が低いほど睡眠が深くなるように出来ており、生理前に分泌される「プロゲステロン」という女性ホルモンは、体温を上昇させる効果があります。

 

その生理前に分泌される「プロゲステロン」によって夜の眠りが浅くなっているため、昼間どうしても眠くなってしまうというサイクル。

 

それに加えて、さらに催眠作用のある「メラトニン」というホルモンも分泌され、よって生理中は慢性的に眠くなってしまうメカニズムだという。

 

では、この眠気に対しての対処法として、夜の睡眠の質をあげる方法をご紹介します。

 

  • 睡眠環境を整える・・・夜の睡眠の質をあげるため、ラベンダーやゼラニウムといったリラックス効果のあるアロマオイルをたいたり、照明のトーンをおとしたりして入眠しやすくする。

 

  • スマホは2時間前までに・・・寝る前の習慣として、スマホのチェックしていませんか。スマホが発するブルーライトは眠気を促進する「メラトニン」の分泌を抑制してしまいます。

 

  • ゆっくりとバスタイムを・・・入浴をシャワーで済ませる人が多いですが、入眠の際にゆっくり体温が下がっていく方が、質の良い眠りが出来るのです。寝る前にゆったりバスタブに浸かって体温を上げておくと、スムーズに眠りには入れます。

生理中の「だるい」「何もしたくない」の原因と解消法

 

生理中は眠気に加えて、「だるい」「何もしたくない」ってなってしまう人も多くいます。生理中はいつもよりも子宮が活発に動き、経血の排出運動が起こっているため体に負担があるとはいえ、日常生活にやる気が出ないと困りますよね。

 

これには、ホルモンバランスの変化によってもたらされる原因があるので、ひとつずつ見てみましょう。

生理中の「だるい」「何もしたくない」の原因

  • 体温低下

生理中から排卵時まで、女性の体は低体温期と呼ばれる時期で、体温が低い状態にあります。体温が低いと、体が冷えがちで血行不良に。それによって肩こりや頭痛といった症状から「だるさ」に繋がり、疲れやすい状態に。

 

  • 貧血

生理中は経血の排出のために子宮や骨盤周りに血液が集中しています。それらが排出されることによって、貧血をもたらします。貧血によって吐き気やめまい、立ちくらみの症状となり、「何もしたくない」状態に繋がっていくよう。

 

  • むくみ

生理時は血行が悪くなってしまい、皮膚の下に溜まった水分排出がうまくいかずに手足がむくんでしまいます。このむくみがからだの「だるさ」につながります。立っていられない、歩くのさえ痛くてしんどい状態になる人もいるほど。

 

  • ストレス

生理中はホルモンバランスの乱れで、理由もなくイライラしたりかっとなったり、気分が激しく浮き沈みしてしまうこともよくありますよね。

 

体の「だるさ」の「何もしたくない」倦怠感と、メンタルの振り幅の大きさにストレスを感じる人も少なくありません。また、生理の出血自体の不快症状がストレスになっている人もいます。

生理中の「だるい」「何もしたくない」の解消法

では、「だるい」「何もしたくない」倦怠感や無気力感の解消法をご紹介しましょう。

  • バランスのとれた食事・・・女性ホルモンに似た「イソフラボン」経血排出を補う「鉄分」を意識して。
  • ストレッチ・・・血行やリンパの流れを良くするように伸びをしたり、腰をひねったりしましょう。
  • マッサージをする・・・血行促進のため。
  • ゆっくりとしたバスタイム・・・冷え対策として。
  • カフェイン摂取を控える・・・カフェインは体を冷やし、血行不良をもたらします。
  • 体を冷やさない・・・冷えとりやレッグウォーマーで体を温めて。

まとめ

 

生理中のどうしようもない眠気は、ホルモンバランスの変化によってもたらされるもので、どうしようもないもの。でもちゃんと原因と対処法さえ分かっていれば、生理時の眠気に不安を感じることなく過ごせるでしょう。

 

また、「だるい」「何もしたくない」といった体と心の症状も、原因が分かっているので、手軽な解消法を一つ一つ取りいれて、「だるい」「何もしたくない」なんて無気力感を吹き飛ばしてしまいましょう。

 

では、対処法や対策をとっても全く症状が改善しなかった場合は、もしかしたら何か大きな病気が隠れているのかもしれません。

 

生理中の眠い症状以外の不快症状も全く改善されなければ、もっと他に原因があるのかも。無知が一番危険です。ちゃんと原因解明して、快適に過ごしていけるようにひとつづつ自分の出来ることからやっていきましょう。

 


生理痛ランキング

 

にほんブログ村 健康ブログ 生理痛へ
にほんブログ村