学生の時のアルバイト経験ってとっても大切。社会に出る前の準備期間である人もいれば、人生の大きな岐路になる経験になる人もいるでしょう。

 

しかし、毎月やってくる生理痛が酷くて、アルバイトを急に休まないといけないくらい、体が動かない時ってありますよね。自分ではコントロール出来ないほど酷い症状って、どうしようもない。

 

とはいっても、当日の急な休みって、すごく言いにくいというのは当然でしょう。アルバイトは特に多くがシフト制で最少人数でやっているところが多いので、なおさら言いにくい。

 

だからといって、無理して行っても結局、きちんと仕事が出来ないので、他の働いている方や、もしかしたらお客さんにまで迷惑を掛けてしまうかもしれないですよね。

 

では、アルバイト当日に生理痛での休みの上手な言い方とはいったいどういう言い方でしょう?

 

生理痛とは

 

生理痛の症状には、腹痛や腰痛、頭痛に吐き気に下痢、貧血にめまいなどがあり、その症状は全て出る人もいればそうでない人もいるし、症状が重い人もいれば軽い人もいます。

 

なので、女性でも自分が症状が軽いと、重い人のことを心から理解しがたいのに、まして男性が理解するのは難しいのかもしれません。しかし、事実としてきちんと受け止めてもらわないと困りますよね。

 

「痛み止めを飲んでも症状が治まらない体質で、良く貧血になり立ちくらみがする。」「生理不順なので、当日にならないと体調がどうなるか分からず、シフトを決める際に事前にこのあたりの日程が生理のはずだからって明確に言えない。」

 

そんな悩みを抱えていると、アルバイト先に迷惑を掛けてしまうことへのストレスも重なり、余計生理痛がひどくなってしまうかもしれませんね。過度のストレスも生理痛の痛みを助長するといわれているので。

 

生理期間は通常であれば35年~40年と長いです。今学生で、もしくはアルバイトをしており、生理痛がひどいとなると、年齢を重ねる毎にどんどん酷くなる可能性が予想されるので、病院で今の状態を確認しておいた方が良いでしょう。

生理痛での休みの上手な言い方

生理痛での休みの上手な言い方として、「以前から婦人科に通っているのですが」という一言で「病院に行くほどの痛み」であることが伝わりますよね。

 

痛みの程度に関しても、理解してもらいやすいかもしれません。なので、体調の良いときにまずは婦人科を受診し、どういう状態なのかきちんとアルバイト先にも事前話しておきましょう。

 

生理痛の症状では、生理休暇という、法で定められた休暇を取得できます。生理休暇は、正社員や派遣、アルバイトやパートと雇用形態には関係なくとれるようになっており、日数も限られておりません。

 

なので、まずは婦人科を受診して、アルバイト先に報告するように準備しておきましょう。

バイトを当日うまく休むための方法

 

バイト当日うまく休むための方法は、やはりまずは誠意を持って伝えましょう。いよいよ連絡しなければというとき、その手段はやはり、電話がベストです。

 

最近では、休み以外でもラインやメールでの連絡がメインになっていたりするので、それで簡単にで済まそうと考えがちですが、そこはやはり人との付き合いです。電話で直接伝えましょう。

 

しかし、もし相手方が通勤時間であろうと思われる時間の場合は、まずラインやメールでお知らせし、後ほど電話する旨を伝えると良いでしょう。

 

電話で連絡の際には、用件を的確にわかりやすく伝えましょう。生理痛での休みの旨をしっかり伝えて、直前での欠勤のお詫びと、次の出勤の予定を伝えましょう。

 

可能であれば、アルバイト先に連絡する前に仲の良いアルバイト仲間に連絡し、自分の代わりに入ってもらえないか確認し、自分が休むから代わりに出勤をお願いできればいいでしょう。

 

会社側にとって、アルバイトは貴重な人材であり、頼れる信頼できる存在なのです。なので、休みは取って良いのですが、その連絡や埋め合わせで相手にさらに負担や迷惑をかけないことを意識しましょう。

まとめ

 

いかがでしょうか。アルバイト経験は社会に出る前の非常に大事な体験です。アルバイトだからといって、簡単に休んでしまうと、後々の関係性や信頼性に関わってくることなので、意識して連絡して欲しい。

 

生理痛が毎回ひどいのであれば、まず婦人科を受診し、今の自分の状態をしっかり把握しておくことが大切。生理痛が酷いと「月経困難症」と診断され、依頼をすれば診断書も出してもらえます。

 

診断書は有料になるため、「婦人科に通っている」「診断名は機能性月経困難症」など、まずは事実を伝えるだけでも「病院に行くほどつらい状態なんだ」とわかりやすく伝えることが出来るということ。

 

知らないのが一番危険なので、きちんと知った上で、今の自分に出来ることがないか、対処方法は病院に行って薬を処方してもらうだけなのか、しっかりと考えてみることが大事ではないでしょうか。

 

 

 


生理痛ランキング

 

にほんブログ村 健康ブログ 生理痛へ
にほんブログ村