生理痛で下腹部や腰が痛んだり、眠気が来たり吐き気がしたりと、生理痛の症状は色々ありますよね。そんな中で、ふとももが痛くなる時って最初はびっくりしますよね。

 

女性は生理と10代のはじめあたりから、閉経までの約35年~40年という長い間付き合っていくもので、多少の痛みはしょうがないと思っても、毎月くるたびに憂鬱気分。

 

多少の痛みならまだしも、起き上がれないとか、ふとももが痛くて歩くのがとっても辛いといったひどい症状の人は、痛み止めを飲んで付け焼き刃的に解消している人が多いのではないでしょうか。

 

実は、生理痛があるのは当たり前じゃないんです。その場しのぎの解決は、根本の解決にはなりません。まずは、今のふとももの痛みの原因かた見ていきましょう。

 

生理で足が痛い!生理痛が足にくる方必見!ふとももが痛い原因とは

 

生理で足が痛い!生理痛が足にくるときって、足の部位によって痛み方も違いますよね。太ももやふくらはぎが重くでだるい感じや、股関節が締め付けられる感じとか、痛みもそれぞれ。

 

太ももが急に痛み出すと、生理痛とのつながりが分らず、不安になっているかもしれませんが、その太ももの痛みは、むくみが原因の痛みです。

 

むくみは血行不良とリンパ液の流れ停滞が原因です。循環が悪くなり、体の溜まった老廃物を排出できないとむくんでしまうのです。

 

生理中は女性ホルモンのバランスが乱れてしまい、血行が悪くなります。経血量が多いと、さらに下半身の血行も悪化。そうすると、冷えや便秘の症状が出たり、むくみの症状が表れるという。

 

同じ姿勢でいることが多かったり、体が衣類で締め付けられたりしていると、さらに血行不良になり、本来血管の中にあるはずの水分だけが、皮膚の下にぱんぱんに溜まっている状態。

 

本来伸び縮みできる皮膚がぱんぱんに張って伸び縮みできないので、これがふとももの痛みとなって表れているということなんです。

 

ふとももの痛みを解消する対処法3選!

 

ふとももの痛みの原因の「むくみ」を解消する方法をご紹介していきます。

むくみ解消の食材

むくみ解消になる栄養成分は多くあります。単品でも組み合わせても摂りやすいものが多いので、食事の一品に加えて摂取することをオススメします。

  • カリウム・・・体内の塩分を排出させる働きがあります。アボカド・バナナ・ほうれん草など。

 

  • ビタミンB1・・・糖質のバランスを取り、代謝アップで血液の循環を良くする。疲労回復効果あり。豚肉・豆腐など。

 

  • ビタミンB6・・・血液さらさら、ホルモンバランスを整える働き。マグロ・鰹・レバー・大豆など。

 

  • クエン酸・・・体内の老廃物を分解・排出、血行を良くするビタミンC。グレープフルーツ・レモン・トマトなど。

 

  • ビタミンE・・・体内のナトリウム排出。アンチエイジング。モロヘイヤ・アボカド・プルーンなど。

 

  • サポニン・・・利尿作用があり、体内の水分量を調整し、余分を排出。ゴボウ・小豆・にんにくなど。

 

  • ポリフェノール・・・血行を良くする働きで、老廃物排出。赤ワイン・ブルーベリー・カカオなど。

下腹部から下を温める

日中は学校や仕事があるため、食事での調整が難しい人が多いでしょう。出先でも簡単に出来る温める方法で、冷え対策により血行を良くしましょう。

 

下腹部から下を温めるには、貼るカイロや、足下は靴下は当然、レッグウォーマーを着けれると良いですね。靴下は「冷えとり」という5本指のシルク製のものが、通気性が良く、保温性も高く、なおかつ指の間に汗をかかずに冷えにくくオススメ。

むくみ解消ストレッチ

生理中にストレッチは、出血が漏れたりすることを考えると二の足を踏みそうになるでしょう。しかしこれが、むくみ解消だけではなく、質の良い眠りにも繋がりますので、是非やってみましょう。

 

やり方は簡単です。

  • 仰向けに横になる→膝を倒したまま直角に曲げ、反対の足の横にかかとをあてて股関節を伸ばす。
  • うつぶせになる→つま先を立てて、ふくらはぎの筋肉を伸ばす。

 

以上です。とっても簡単にストレッチできますので、意識して取りいれていきましょう。

まとめ

 

ふとももの痛みはむくみが原因で、むくみ対処法は食事や冷え防止策やストレッチで解消されるもの。女性は男性より筋肉が少ない分むくみやすいので、むくみ対策は必須です。

 

むくみ解消のための食材や、むくみ解消のストレッチのご紹介をしましたが、一番良いのは、生理になってからではなく、普段の生活から意識しておくと、いざ生理になったときに楽になるでしょう。知識として持っておくだけでも違いますよね。

 

では、対処法をしても全く症状が変わらないとなると、ただのむくみとして考えていてはいけません。もしかしたら、とても大きな病気が隠れている可能性もあります。

 

無知は一番危険です。知らないと何も出来ないし不安が大きくなるだけでしょう。では、何をすべきなのか。今自分で出来ることはないのか。一つづつ解消していきましょう。

 

 


生理痛ランキング

 

にほんブログ村 健康ブログ 生理痛へ
にほんブログ村