「えっ?子宮内膜症?」

「仕事に没頭しすぎて、不規則になってたせい?」

 

なんだか体調がすぐれず、「生理痛が最近すごくひどいな~」とは感じていたけれど、あまりにひどい痛みで病院に行ったら、なんと、子宮内膜症の診断が!

 

では、そもそも子宮内膜症って、どうしてなるのかご存じですか?少しお話ししましょうね!

子宮内膜症って、仕事のストレスから来るの?

 

子宮内膜症の原因って、仕事のストレスからくることが多いのでしょうか?

 

実は、子宮内膜症の原因は、はっきりしていないんです!

 

以前に比べると、圧倒的に働く女性が増えていますよね。なので、統計の確率的には、仕事をしている女性で20~30代で子宮内膜症になっている方は多くなっています。

 

仕事をしている状態というのは「気を張っている」状態、つまりは、専門用語でいうと、交感神経緊張状態が長く続いているということ。

 

交感神経緊張状態が長く続いているというのは、女性ホルモンの量の増加やストレスの増加など、いろいろな説が考えられています。

 

女性ホルモンが多く出ているのは、食生活の変化や環境ホルモンの影響、更には、近年進む晩婚化や少子化、初めての月経の年齢の若年化によるもので、

 

一生通しての月経回数が増加し、月経周期に分泌される女性ホルモンの総量が増加しているとも考えられており、その女性ホルモンの増加の影響を受けて、心身のバランスが崩れ、子宮内膜症になるというサイクル。

 

なんだか難しい話になりましたね。つまりは、直接的な因果関係「子宮内膜症は仕事のストレスからくる!」と一概には言ってしまえないけれど、しっかりつながっているということでしょう。

子宮内膜症の症状

 

では、まずは、子宮内膜症の症状から見てみましょう。

 

子宮内膜症とは、子宮以外の場所に子宮の内側の子宮内膜と似た組織ができること。通常子宮内膜は、女性ホルモンの働きから増殖と剥離を繰り返しますが、この子宮以外の場所にできた内膜も同様に増殖と剥離をするんですね。

 

本来ならば、剥がれた子宮内膜は月経として膣から外に出ていきますが、子宮以外の組織は剥がれ落ちても出て行くところがありません。そのため、血液が体内にとどまり、炎症や臓器の癒着を引き起こしてしまうのです。

 

特になりやすい箇所としては、腹膜、卵巣、ダグラス窩という子宮と直腸の間の3カ所。具体的な症状としては、

 

  • 生理痛がひどい
  • 不妊症
  • 月経量が多い
  • 排便時や性行時の突き上げる痛み

 

どうでしょう?ひとつでも当てはまってますか?

 

「生理痛がひどく毎月寝込む」とか、「なかなか妊娠しないな」とか、「朝のトイレが辛い」とか、なんだか疑いを感じたら、先延ばしにしてはいけません!

 

子宮内膜症に関わる負担

 

子宮内膜症の治療にかかる費用って、30代の女性の一番負担の大きい医療費なんですよ。ご存じでしたか?金銭的負担だけではなく、子宮内膜症は様々な負担を及ぼしますよ。

◆ 身体的負担 ◆

救急車を呼ばないといけないくらい激しい痛みの月経痛、お通じの際の排便通、突き上げられるような性交痛があります。毎日のようにこの痛みと向き合うのは、かなりの負担であることは言うまでもないですね。

◆ 精神的負担 ◆

「不妊症」とは、「定期的な性生活を送り、2年以上妊娠しない場合」のことを言います。夫婦の6組に1組が「不妊症」に悩んでいるとの統計が出ていますよ。

 

なかなか妊娠に至らない場合、多くは医療機関にかかり科学的な検査や治療を行いますが、男女ともに原因が見つからないこともしばしばあるようです。

 

子宮内膜症に起因する不妊。不妊女性の4~5割が子宮内膜症という現実。そこにかかる不妊治療は、金銭的負担も非常に大きいですが、やはり精神的負担が大きく、負のスパイラルに入ってしまいますね。

◆ 時間的負担 ◆

治療をする場合、通院や治療には多くの時間を要します。長期スパンで付き合う病気なので、仕事を持つ女性にとっては、スケジュール調整等大きな負担です。

 

理解のある職場であればまだ休みも取りやすいですが、まだまだ周囲の認知度や理解度を思うと、逆に非難されたり阻害されたりで居づらくなり、やめてしまう方も多いと聞きます。すごく悲しいですね。

◆ 金銭的負担 ◆

知らないですよね。医療費って意外とかかるんです!こういった長期での治療は特に!

まとめ

 

子宮内膜症は再発の多い病気です。治療においては、周り、特に身近な存在であればあるほど、病気の治療に対する理解や援助が得られなければ、非常に大きなストレスとなり、あなたの負担はとてつもなく大きなものになるでしょう。

 

良性の病気なのに、女性にとっては生殖器に障害を与えてしまうので、少子化が問題視されている今の世の中では、妊娠・出産に関わる大きな社会問題としてとらえられるべきだとわたしは強く思います。

 

とはいっても、まず最初に何をすべきなのでしょう。自分をしっかり見つめ、できることはないかの知識を深め、何が一番自分に合いそうかを探るのはどうでしょう。無知は危険です!知ることから進んでみるのが一番ではないでしょうか!

 

 


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村