「最近、セックスが苦痛でしかない!痛くて痛くて。」

彼を不機嫌にさせたくない、嫌われたくないからと、もしかしたらずっと我慢していませんか?

 

その痛み、もしかしたら子宮内膜症かも?

 

子宮内膜症と聞いて、さらに不安になってしまうかも。いいえ、大丈夫。痛みの原因がわかれば、痛みを緩和する方向に向かう第一歩!まずは、一つ一つ見てみましょうね。

 

子宮内膜症ってどういうものなの?

 

子宮内膜症とは、子宮内膜と同様の細胞が、子宮以外の場所にでき、発育する病気のこと。子宮内膜がはがれ、血液として排出される月経の際に、卵巣や子宮筋層、その他骨盤内に逆流してなのか、そこで定着してしまい発育していく、良性の進行性の病気です。

 

しかし、原因は実ははっきりしていないのです。

 

子宮内膜症はいくつかの種類に分けられます。卵巣に定着した場合は、血液がチョコレートが溶けたみたいにドロッとした形状になることから、チョコレート嚢腫、子宮筋層に定着した場合は、子宮腺筋症、骨盤を包む膜(腹膜)の奥に定着した場合は、深部子宮内膜症と呼ばれる。

 

症状としては、酷い生理痛(月経困難症)が約6割、つぎに、慢性骨盤痛が約5割、性交痛排便痛が約3割の方が感じ、子宮内膜症にかかる一番多い年齢層は30代前半という。

 

子宮内膜症は、生理のある女性の10%にものぼり、子宮内膜症の50%が不妊になり、逆に、不妊の方の約25~50%が子宮内膜症との統計があるようで、非常に身近な問題。

子宮内膜症の検査が必要?痛い苦痛のセックスもひとつの症状なの?

 

「子宮内膜症の検査が必要?痛い苦痛のセックスもひとつの症状なの?」と、色々調べていくとたくさんの情報が出てくるので、動揺しているかもしれません。大丈夫です。一つ一つ進んでいきましょうね。

 

あなたが感じている「セックスの痛み」は、子宮内膜症の症状の一つの性交痛でしょう。その他にも日常生活上で、今まで感じたことのない痛みを感じていませんか?

 

例えば、排便痛。毎朝のお通じの際に、おしりの奥のほうが痛いと感じてないでしょうか。今までも便秘がちとは感じていたけれど、便秘時の排便の痛みとは違う、もっと奥のほうの突き上げられるような痛み。これも子宮内膜症の症状の一つ。

 

他にも症状としては、起き上がれないくらい腹部が痛む酷い生理痛、腰回りが痛い骨盤痛、大量の出血がある過多月経、そして、妊娠を望んでいる方であれば、なかなか妊娠しない不妊の症状がある方もいるでしょう。

子宮内膜症の検査

子宮内膜症の診断は、問診に重点がおかれるようです。痛みの場所や特徴が分かると、子宮内膜症のできている場所があらかた想定できるからという。だいたいの検査流れは、問診→内診→血液検査・超音波検査→MRI。一つ一つ見ていきましょう

 

問診

初潮の年齢や、前回の生理開始日、月経周期、月経痛の様子、月経量、性交痛や排便痛などの月経痛以外の痛み、出産の有無などを問診表で問われ、医師の問診に。

 

内診

問診が終わると、次は内診。妊娠経験がないと、診察台に初めて上がることに不安や抵抗を感じる方もいるでしょう。しかし、ここはきちんと診てもらえるように、力を抜いて診察を受けること。力が入っていると、正確な診察ができず、さらに痛みを感じることも。

 

診察の方法は、膣から指を入れ、反対の手でおなかを上から押さえます。この診察で、子宮や卵巣の位置、大きさ、子宮の動きや痛みからの癒着の有無を判断するという。

血液検査

子宮内膜症だと、血液中のある物質(CA19-9、CA125)の数値が高い。しかし、生理中やその他の炎症時にも高くなる数値なので、この結果は子宮内膜症を発症していないかの補足判断材料として使うという。

超音波検査(エコー)

婦人科で大切な検査が、超音波検査(エコー)。超音波検査には2種類あり、お腹の上から診る方法と、膣の中から診る方法があり、卵巣の状態は膣の中から診る方法が有効という。

 

子宮や卵巣の状態をモニターに映し出し、子宮筋層や卵巣チョコレート嚢胞の有無や大きさを確認される。ここでは、子宮内膜症だけでなく、子宮筋腫や子宮腺筋症などのほかの病気が関係しているかどうかも調べられるという。

MRI

超音波検査(エコー)よりもより精密に調べるため、MRI検査を行う。卵巣チョコレート嚢胞の有無や子宮内膜症の位置、癒着の確認ができる。MRI検査は、大きなドーム型の装置に寝かされた状態で検査され、痛みはないという。

まとめ

 

子宮内膜症は、月経を重ねてきた30代前半の女性に一番多い。仕事を頑張ってきて、恋愛を楽しんできた今、妊娠というのが本能的に頭によぎる年代ではないでしょうか。

 

「今の彼を大事にしたい。だから、セックスが痛くて痛くて、もう苦痛でしかないの!」なんて思っているかもしれない今、もしかしたら子宮内膜症が隠れているかもしれません。

 

大事にしたいものがあるからこそ、今やるべきことを一度しっかり考えてみる時期ではないでしょうか。

 

 


人気ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村