「生理になる前くらいから、生理3日目くらいまで、とにかく眠くて眠くて仕方がない!仕事中も眠くてどうしようもなくて困ってる」先日のランチで友人Aが言っていた。

 

毎月こうなるわけではないけれど、眠気がくると全く仕事にならなくなる。デスクワークのため、周りの目が気になるけど、自分でコントロールが出来ないという。

 

決してサボるつもりはないけれど、周りから見たらだらしなく見えてしまいますよね。

 

意識して、その期間はいつも以上に睡眠時間を長めに確保しているけれど、やっぱりダメで、とにかく眠い。下腹部痛や腰痛などの生理痛の症状は、さほどひどくない。

 

派遣だった友人Aは、眠気に勝てないで、派遣を切られてしまったという。

 

これはまずい!どうにか対策を考える必要がありますね!

 

生理中眠い原因

 

そもそも、生理中眠い原因は何でしょうか。眠気の原因は、排卵から次の生理にかけて分泌される女性ホルモンの一種、プロゲステロンの分泌の増加によるものです。

 

この時期は普段より基礎体温が上がるため、昼と夜での体温が変わらなくなる。いつもは、夜体温が下がるときに眠りに入るという体のリズムが、夜も体温が下がらないので、体が睡眠モードに切り替わらない。

 

なので、夜の眠りが浅いことから、日中どうしても眠くなってしまうといいます。

 

また、プロゲステロン自体が睡眠薬に入っている成分と同じような催眠作用があるという。そのため、生理前から生理中にかけて眠気を訴える女性が多いのでしょう。

たくさん寝た方が良いのか?

 

たくさん寝た方が良いのか?睡眠時間を増やせば解決出来るのか?というと、睡眠時間が長いだけでは解決になりません。

 

夜の眠りが浅いと、日中どうしても眠くなってしまうのは仕方ないこと。なので、睡眠の質を上げてあげることが第一です。

 

眠りの質を上げるためには、一日の過ごし方を見直し、意識しながら活動すると良いでしょう。睡眠の質を上げるために出来る3つのことを意識してみてください。

 

  • 規則正しい生活を・・・夜更かしをせず、出来るだけ毎日決まった時間に床につく。日中はしっかり太陽光を浴びて体を動かし、昼と夜の区別のある生活を心がけること。

 

  • 寝る前のブルーライトは避けて・・・液晶テレビやパソコン、スマホが発するブルーライトは睡眠の妨げになると言われています。寝る2時間前くらいから手に取らない心がけを。

 

  • 入浴時間に気をつけて・・・寝る前に体温をあげておくのは入眠するのに非常に効果的。寝る1時間前くらいに熱すぎない温めのお湯に浸かり、体を温めておきましょう。

生理中眠気で仕事にならない時の対処法

 

女性が生理前や生理中に多少の眠気を感じるのは自然なことなのですが、それでも起きていられないくらいの異常な眠気を感じる場合は、貧血や、もしくはPMSかもしれません。

 

生理中は血流が滞りがちなので、なるべく体を冷やさない、温めることが大事なので、体を冷やすコーヒーは極力控えて、出来ればジンジャーティーなどで体を温めるのが良いでしょう。

 

貧血で血圧が低い場合は、食事に鉄分、タンパク質、ビタミンをバランス良く取り入れましょう。吸収率アップのためには、単品摂りではなく、バランスと組み合わせです。

 

お肉は、レバー全般や豚もも肉、お魚は、カツオやイワシ、鮭やかき等と一緒に、大豆やジャガイモのタンパク質、キャベツやブロッコリーなどのビタミンを一緒に摂取してみましょう。

 

睡眠の質を上げてみても、食事の質を上げてみても変わらない場合は、生理前のホルモンバランスからくるさまざまな不調を総称するPMS(月経前症候群)かもしれません。

 

PMSの場合は、婦人科で低用量ピルやホルモン製剤、もしくは、市販薬でも手に入る鎮痛剤や漢方薬などを試してみるのも一つの対処法でしょう。

まとめ

 

生理中生理前に女性は眠くなるのはしょうがないことなので、罪悪感なんて全くいりません。ですがやはり、仕事に支障がないように努力することが大切でしょう。

 

自分の症状に対して出来ること。それはまず、睡眠の質をあげるために、日中の活動から意識していくこと。規則正しい生活と入眠を自然に行えるために、ブルーライトの制限や入浴時間を意識していきましょう。

 

そして、体を作る食べ物を意識しましょう。生理中は貧血に良い食事として、鉄分、タンパク質、ビタミンをバランス良く取りいれ、生理中の血行をよくしていきましょう。

 

それでもあまり改善できないときには、もしかしたら大きな病気が隠れているかもしれません。今の自分の状態としっかり把握して、真正面から向き合ってみましょう。

 

その時、婦人科に行って自分の現状を確認するのも大切な一つですが、自分で出来ることってもっとないでしょうか。今一度時間を取って今後どうしたいのかもしっかり考えていく時期なのかもしれません。

 

 

 


生理痛ランキング

 

にほんブログ村 健康ブログ 生理痛へ
にほんブログ村