産後の生理痛って、軽くなった人が多いって聞きませんか?妊娠前まではものすごく辛かったのに、出産したら、以前ひどかったのが嘘のように軽くなったとか。

 

私の場合は、逆に産後の生理痛の方が重くなったと感じている一人。腰の痛みや眠気がたまらない。でも、日常生活は送れるし、立ち上がれない、動けないまではない程度。

 

そうです。産後の生理痛は、人によって重くなったり軽くなったりで、その程度も人それぞれ。軽くなる分には全く問題ないですが、重くなって日常生活に支障が出てきたら大変。

 

産後はそれまでの生活が一変します。かわいい赤ちゃんとの生活が始まっても、赤ちゃんのお世話だけではなく、家事もやらないといけない、仕事もやらないといけないでバタバタ。

 

そんな中で、生理が再開!しかも、今までの生理とは違う、生理痛が重くなっている。なぜ、産後の生理痛は重くなるのでしょうか?

 

産後生理痛が重くなった原因

 

産後の生理痛が重くなった原因は、いくつか考えられます。

 

  • ホルモンバランスの変化

生理痛の痛みの原因は、「プロスタグランジン」というホルモン。子宮の収縮の際に分泌されるホルモンで、この量が多くなるほど生理痛の痛みがひどい。

 

妊娠出産で女性ホルモンは大きく変化するので、妊娠前よりも重い生理痛になるひとつの原因と考えられます。

 

  • 骨盤の歪み

出産の時の赤ちゃんの通る産道をきちんと確保出来るように、骨盤は最大限に広がります。産後しばらくは骨盤が緩んでいるので、どうしても歪みやすい状態。

 

そのままにしておくと、骨盤内ででうっけうっ血が起こってしまい、下半身の血行不良から、腹痛や腰痛となるけーすもひとつの原因。

 

  • ストレスフル

日常生活がフル回転で、産後の体に気を遣う余裕もなく、バタバタと育児と家事をやっていると、体力も気力も落ちてしまう。

 

母乳育児をしていると、体力の消耗も半端ない。食べても食べても栄養を吸い取られてしまうし、また、夜中の授乳による寝不足からの体力消耗もひどい。

 

ストレスは自律神経を乱してしまい、頭痛などの症状になって表れます。

 

  • 体の冷え

気にしていないと体はどうしても冷えがち。足先などの末端や、冷たい飲み物を飲んだり食べたりで体が冷えてしまうと、血行が悪くなります。

 

生理中だと、血流が滞ることから生理痛が重くなるという。

 

  • 婦人科系の疾患の疑い

子宮筋腫や子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣嚢腫といった婦人科系の疾患があると、生理痛がひどくなることがあります。

 

生理が来るたびに、生理痛が重くなっていってると感じたら、もしかしたら婦人科系疾患の疑いがあるかもしれません。

腰痛や腹痛や吐き気の対処法

 

腰痛や腹痛、吐き気がひどくなった生理痛の対処法は、手軽に取り入れられるものからやってみましょう。

 

  • 冷え対策

飲み物は常温か温かいもの、靴下をはいて末端の冷えとりを。日常の中で冷えない工夫を気軽に取りいれてみましょう。体を温めて血行を良くすることがまず第一。

 

  • ストレス対策

まず家事の手抜き。そして、赤ちゃんのお世話は、母乳以外の自分以外に任せられる部分は、今は特別って自分を許して、どんどん周りに甘えましょう。

 

子育て支援施設に出かけたり、民間サポートを利用して自分の時間を作るのも、良い気分転換になります。ストレス解消法を見つけて、笑顔時間を増やしていきましょう。

 

  • 骨盤矯正

骨盤が歪んでいることで生理痛が重くなっている場合は、骨盤を正しい位置に戻してあげることで、緩和されるでしょう。

 

生後6ヶ月くらいまでが骨盤がゆるでいるので、正しい位置に戻しやすい。骨盤ベルトやストレッチ、自宅でできる骨盤体操や整体院などで、正しい位置に戻してあげましょう。

 

  • 食生活の改善

産後はとにかく体力が落ちていて疲れやすく、ホルモンバランスが乱れてしまいます。体を温める飲み物をはじめ、漢方を上手に取りいれるのも良いでしょう。

 

また、女性ホルモンと構造が似ているイソフラボンを多く含む豆腐や納豆、豆乳などを積極的にとりいれましょう。

 

買い物や料理に時間や手間をかけられないときは、買い物は宅配、料理は今、中食といって、食材カットまでしてあり、あとは焼いたり炒めたりするだけというセットがあったりするので、どんどん利用してみましょう。

 

  • 婦人科系疾患

生理が来るたびに痛みがひどくなっていると、それは婦人科系の疑いがあるので、一度専門の先生に診てもらいましょう。

まとめ

 

産後の生活はとにかく慣れないと大変です。まして、一人でしなければいけない状態だと、肉体的にも大変ですが、精神的にもため込んでしまって大変。

 

生理痛が重くなっている場合は、笑顔でやっていけるために、頼れるものはどんどん頼って、笑顔を増やしてみましょう。

 

もし、色々試してみても緩和されない痛みは、もしかしたら婦人科系の疾患が隠れていたら大変です。知らないことが一番危険なので、是非この機会に婦人科を受診してみてください。

 

そして、自分の出来ることから、ひとつひとつ始めて見ましょう。自分と向き合ってみる良い貴重な機会なのではないでしょうか。

 

 


生理痛ランキング

 

にほんブログ村 健康ブログ 生理痛へ
にほんブログ村